桜聖廟 これからのお墓のかたち 安心と信頼の納骨堂桜聖廟 これからのお墓のかたち 安心と信頼の納骨堂

メニュー

施設のご案内

桜聖廟とは

桜聖廟は令和元年に名古屋市緑区の徳重に開廟した最新型の都市型納骨堂です。
1階に受付があり、エレベーターで2階へあがると参拝フロアがあります。
木や桜をモチーフにしたモダンで落ち着いたデザインは、
大切な人を偲ぶにふさわしい心安らぐ空間です。
また1階の奥は、副本堂や休憩、待合コーナーとしてご利用いただけます。

写真をクリックすると大きく表示されます

  • 上品で洗練されたエントランス上品で洗練されたエントランス
  • モダンなデザインの副本堂モダンなデザインの副本堂
  • こころ安らぐ参拝フロアこころ安らぐ参拝フロア
  • 高級感あふれる礼拝口高級感あふれる礼拝口
  • バリアフリー対応の館内(トイレ)バリアフリー対応の館内(トイレ)
  • バリアフリー対応の館内(エレベーター)バリアフリー対応の館内(エレベーター)
  • 受付カウンター受付カウンター
  • 施設外観施設外観

石鎚山真言宗 蓮臺山龍玄院のご案内

蓮臺山龍玄院は、「ご先祖様の供養を大切にし、正しい信仰の道を真に理解し、信心を深めていく」という理念の下、昭和46年6月 石鎚山真言宗 極楽寺より石鎚蔵王大権現を勧請し、広島県呉市平原町に開山された真言宗の寺院です。

石鎚山真言宗は、約1300年前の平安時代から室町時代に隆盛を極め、総本山である極楽寺は、山岳信仰の一大修験道であり四国霊峰の石鎚山に座しています。

当寺院は昭和56年 石鎚山真言宗『蓮臺山龍玄院』と公称し、昭和58年 神戸・名古屋・東京に礼拝所を開設しました。名古屋礼拝所は、平成30年 名古屋別院として文化庁から認証されました。

龍玄精舎龍玄精舎
金色本殿金色本殿